Mushroom Observerの使い方

本ページには本サイトの基本的なコンセプトとともに、一般的な使い方に関する短い説明を掲載しています。

一般的なタスク:

  1. 更新情報を取得する – Mushroom Observerのデフォルトのページは’活動ログ’で、このページには左側のパネルの’ ユーザーによる変更 ’リンクからもアクセス可能です。このページにはサイトの最新の更新情報が記載されています。新しい 観察記録 および 種一覧 、さらに既にあるデータの大きな変更が一覧として表示されます。大きな変更には、観察記録に対する 画像 および コメント の追加が含まれます。 学名 の変更も一覧に加えられています。ページ上部および下部のページ番号をクリックして、過去の更新内容を確認することができます。他の部分の変更に伴う観察記録および学名の変更は一覧には個別に反映されません。

    補足 : 最新の更新内容は RSSフィード で確認することもできます。RSSフィードの詳細については、この Wikipediaの記事 を参照してください。

  2. 検索 – 本サイトの情報を検索するためにはいくつかの方法があります。一番簡単な方法は、個々のページ上部にある検索欄に検索したい文字列を入力して、隣にあるボタンをクリックするという方法です。この方法で、その文字列が含まれる全ての 観察記録画像学名 、および 採集地 の一覧を取得することができます。さらに詳細な検索をしたい場合には’高度な検索’をクリックしてください。

    また、サイト左部のパネルにあるリンクを使用することもできます。例えば、’アルファベット順’をクリックすることで観察記録のある種をアルファベット順に全て表示することが可能です。この一覧を1ページずつ表示していくか、またはページ番号またはリストの上部と下部にある文字をクリックすることで直接そのページに飛ぶことができます。リストの学名をクリックすることで、その種の説明と観察記録を閲覧することができます。"Agaricus"のような属名をクリックした場合には、その属に含まれる一覧が表示されますが、この時表示されるのは属までしか同定されていない観察記録で、種レベルまで同定されているものは表示されない点に注意してください。一方、もし2つの学名がシノニムと考えられる場合には、このページでどちらの学名の観察記録も閲覧することができます。(注意:"Agaricus"の文字列で検索した場合には、その文字列を含む観察記録が全て表示されるので、その属に含まれる全ての観察記録を閲覧することができます)

    観察記録またはその他の検索結果をクリックすると、そのページに移動することができます。一番上のページに’前’、’次’、’索引’リンクがありますが、これを使って前後のページに移動することができます。また、日付や学名やユーザー名などを基に結果を並べ替えることも可能です。また、別のリンクを使って、観察記録の一覧から学名、画像、同じ採集地の一覧などを表示することもできます。例えば、’あなたの観察記録’をクリックするとこれまであなたが投稿した観察記録の一覧が表示されます。また、ページ上部の’表示:名称’をクリックすればあなたが見たことのある種の一覧、’表示:採集地’をクリックすればあなたが採集に行ったことのある場所の一覧が表示されます。

    パワーユーザーの方は、データベースに直接アクセスすることのできる我々の新しいAPIに興味をお持ちになるかもしれません。これを使えばWikipediaやその他の公開されたウェブサイトに我々のデータベース内の画像や種の記載文などを引用することが可能です。また、APIを使って観察記録や画像をアップロードしたり、その他諸々も可能になります。詳細が知りたい場合には管理人までご連絡ください。

  3. 分からないきのこを同定してもらう – きのこを同定してもらうには、まずユーザーアカウントを取得する必要があります。アカウントを作成するには、左のパネルから’アカウント作成’を選択してください。詳細は ユーザー をご覧ください。

    ログインすることで、左のパネルの’作成:観察記録’から新しい 観察記録 を作成することが可能です。フォームに全ての詳細な情報を入力してください。’学名’フィールドは’不明’として空欄のままにしておくか、または属レベル、科レベルあるいはその他の同定内容を入力することも可能です。 学名 の後ろに’sp.’をつけて、例えば’Russula sp.’とすることもできます。’ノート’フィールドには生息地や子実体の臭いなど、写真の情報では伝えることができない情報を入力してください。フォームを記入し終えたら、’作成’をクリックします。

    続いてたった今あなたが入力した内容が表示されます。データベースに登録されていない学名や名称を使用した場合、それを本当に登録してよいかどうかの確認があります。タイピングミスがある場合にはここで修正してください。また、シノニムと見なされている学名を入力した場合には、ここで表示される有効学名を選択することができます。

    新しい観察記録を作成したら、ページ右側の’追加:画像’リンクから 画像 をアップロードすることができます。その画像があなた自身が撮影したものであるか、あるいは撮影者に掲載の許可を取ったものであるかは非常に重要です。もし撮影者があなたではない場合、’著作権保持者’フィールドを編集して所有者の名前を入力してください。このページでは画像に付与する ライセンス を選択することも可能です。

    未同定種を登録した場合、コミュニティが通常24時間以内に 1つまたは複数の学名を提案します 。その中に正しいと思われるものが含まれていたなら、ぜひ観察記録のページからその学名に 投票 してください。 投票 についてはこのページの下にある説明もご覧ください。コミュニティのメンバーは コメント によりフィードバックを行うこともできます。デフォルトの設定では、あなたの観察記録にコメントが追加された時にはメールで通知が送られるようになっています。あなたの採集物についてより詳細な説明を求められた際には、コメントを投稿するよりはぜひ観察記録のページの上部にある’編集:観察記録’をクリックし、’ノート’のフィールドに情報を追加してください。

  4. 同定済の観察記録を追加する – 基本的には 分からないきのこを同定してもらう と同一です。異なる点は、’学名’フィールドにあなたの同定結果が入力されている点です。可能な限り、同定の根拠も同時に提示してください。’肉眼で同定’、’顕微鏡的形質に基づく’などのチェックボックスから選択することができますが、テキストフィールドにも、例えば参考にした資料の一覧、あるいは「DNAの塩基配列をGenBank登録配列と比較した」などの記述を加えてください。コミュニティのメンバーはしばしば、採集物について質問がある場合、同定に至った根拠を明らかにしたい場合などに コメント をすることがあります。Roy Halling氏が肉眼的形質および顕微鏡的形質に関する美麗なイラストを提供してくださっています。MycoPortal Links Pageで「科学的に価値のある標本」に関する文書を閲覧することができます。

  5. 名称(学名)を提案する – コミュニティのメンバーであれば誰でも、どの 観察記録 に対しても 学名 を提案することができます。観察記録をクリックして(例: ‘活動ログ’ ページ)、下にスクロールして細枠のボックスの中にある 提案された学名 リストがあることをお確かめください。ほとんどの観察記録には(投稿者により)既に少なくとも1つの名称が提案されています。 ‘他の学名を提案する’ あるいは既に提案されている名称に対する Vote投票 を選んでください。なお、いずれの操作もログイン必須です。

    ‘他の学名を提案する’ をクリックすると、観察記録を作成する際と同じようなフォームが表示されます。名称とともに確信度を選択してください。これはあなたの 投票 であり、いつでも ‘表示:観察記録’ ページで変更することができます。観察記録を作成する際と同様に、提案の際にはなぜその観察記録にその名称が妥当と考えたか(そして他の名前が妥当でないと考えたか)について説明を加えることが強く推奨されます。選択が完了したら ‘作成’ ボタンをクリックしてください。その際にタイピングミスを修正したり、もしあなたが異議が提起された名称を入力した場合には認められた名称を選択したりすることができます。

    誰かが既に提案した学名を提案することはできません。そうすることができる唯一の状況は、同一の結論に帰着した過程に相違がある場合です。あるいは、各ページに設けられているディスカッションフォーラム(掲示板)を使用してください。

  6. 提案された学名に投票する観察記録 を例えば’活動ログ’のページなどからクリックし、’提案された名称’ボックスまでスクロールしてください。その際、あなたの 投票 を閲覧、変更する際にはログインが必要であることに注意してください。ログイン済みであれば、 提案された学名 の隣にプルダウンメニューが表示されているはずです。投票を行うことで、その観察記録にあてられている学名について同意するか否か、確信度はどの程度か、などを表現することができます。

    ’疑わしい’より上であればポジティブな投票、’その可能性はある’より下であればネガティブな投票と見なされます。投票を取り消したい場合には’ノーコメント’を選択してください。あなたの投票の全てを変更した場合、投票を記録するために’投票を更新する’をクリックしてください。あなたが投票しないまま別のページに移動しようとしても警告が表示されるので安心してください(javascriptが無効化されていない場合に限る)。

    ざっくりと説明すると、学名に対する投票には重みがつけられており、値は合計された後に票数で割られています。最も高い得点の学名が「勝ち」で、本サイト全体でその学名が用いられることになります。複数のシノニムが観察記録に対して提案された場合、票を全てまとめ、シノニムのグループにおける個々のユーザーの最も強い票を選択します。最終的に、そのシノニムのグループが「勝ち」と見なし、現在受け入れられている学名がコミュニティの合意名として用いられます。専門家の間で、ある分類群に妥当な学名がどれかについて争いがある場合には、複数の受け入れられている学名の中からどれを選ぶかを投票に基づき決定します。

    観察記録の投稿者自身による投票は少し重みが大きくなります。また、Mushroom Observerに対する 貢献度 が大きいユーザーや専門家と考えられるユーザーの票にも重みが与えられます。’協力者’またはユーザー名をクリックして貢献度と専門家ステータスを確認してください(重みには常用対数が用いられます)

  7. コメントを追加する観察記録 を見て コメント を投稿したい、あるいはコメントに対して回答したい時には、ページ上部付近にある’追加:コメント’リンクをクリックしてください。 ユーザー アカウントでログインしていない場合、ログインが促されます。ログイン済みの場合、あなたのコメントの内容とその要約を入力するフォームが表示されます。コメントではいくつかの簡単なフォーマッティングを行うことができ、それはテキストフィールドの下に、詳細の文書へのリンクとともに記載されています。また、スタンダードなHTML記法を用いてテキストにリンクを追加することも可能です。HTMLはスクリプトインジェクションのようなセキュリティ上の問題を除去するために自動的にクリーニングされますので、複雑な記述は避けてください。

  8. 特定の種または属をメールで追跡する – Mushroom Observerの機能に、 観察記録 に特定の 学名 が付与された際にメールで通知するという機能があります。属を登録した場合には種および亜種、種を登録した場合には亜種に関しても通知の対象となります。この機能をオンにするには、あなたが興味のある学名( 検索 を参照してください)のページにアクセスし、’メール追跡’をクリックしてください。観察記録を作成したユーザーがあなたが興味のある学名を付与した際に、そのユーザーに対して、あなたがその観察記録に興味を持っていることを伝えるメールを送る設定が可能です。

    あなたがインストラクションを提供しなかった場合、メールが送られることはありません。投稿者が観察記録を作成した際に学名を付与すると、あなたからのメッセージがウェブサイト上に表示されます。あなたは特定の学名に関するリクエストを、その学名のページに戻って’メール追跡’および’無効化’ボタンを選択することで修正または破棄することができます。

  9. 種の記載文/説明文を追加する – 本サイトの各所に表示されている 学名 link をクリックすると、その分類群に関する全ての情報がまとめられたページが表示されます。もしあなたがその種をよく知っており、何か追加したい情報があるならば、’編集:名称’をクリックして文章を追加してください。その際、図鑑や論文を引用することが推奨されます。参考文献から短い引用を行うことは問題ありませんが、著者の許諾なしに全体を引用することは控えてください。

  10. プロジェクト – プロジェクトは ユーザー のグループが共同作業を行い、公表したい時が来るまで非公開に設定する際に用いられます。これは元々、大学の講義で本サイトを用いた際に、講義期間中に他のユーザーに編集されることを避けるために設けられた機能でした。

    プロジェクトを作成したい場合、左側パネルの ‘一覧表示:プロジェクト’ をクリックし、さらに’追加:プロジェクト’をクリックしてください。プロジェクトを作成したユーザーは、常に当該プロジェクトのメンバーであり、管理者となることになります。プロジェクトの管理者はプロジェクトの「プロジェクトを表示」ページ上部にある’メンバー追加’リンクをクリックすることで新しいメンバーを加えることができます。管理者は「プロジェクトを表示」または「メンバーを追加」リンクから、他のユーザーをそのプロジェクトの管理者に任命することができます。ユーザーは誰でも、プロジェクトの管理者にリクエストをすることができます。リクエストは管理者にメールで送られ、そこにはユーザーのステータスを変更するためのリンクが記載されます。

    現在、プロジェクトが主に重点を置いているのは様々な種の 記載文 の作成です。ただし、「学名を表示」ページ上部の’作成’をクリックすることで、誰でも種の記載文を作成することができることに留意してください。プロジェクトにおいて作成された記載文は、プロジェクトが公開されるまではメンバーのみが閲覧することができ、その記載文の作成者およびプロジェクトの管理者のみが編集することができます。記載文が公表されたら、もし他にオフィシャルな記載文が存在していなかった場合、それがオフィシャルの記載文となることになります。

  11. マップの編集作業 – 現在、Mushroom Observerには3種類のマップが存在します。1番目は発生マップ(例: Occurrence map for Craterellus cornucopioides )、2番目は採集地マップ(例: Salt Point State Park )、3番目は グローバルマップ です。

    特定の 学名 の発生マップを閲覧したい場合、その学名のページに行き(例:検索バーに学名を入力、’名称’を選択)、’検索’をクリックし、さらにページ上部の’発生マップ’をクリックしてください。

    ユーザーは発生マップに学名を追加することが推奨されます。最も簡単な手段は、既に定義された 採集地 に対して 観察記録 を登録することです。ただし、’採集地’フィールドのオートコンプリートは採集地が定義済みか未定義かにかかわらず、一致する全ての採集地の一覧を対象とすることに注意してください。

    また、観察記録が発生マップに表示されることを敢えて選択しないという手段もあります。例えば、マッシュルーム・フェアのような場所でそのきのこが観察された場合、古い写真や他の場所などで正確な採集地が特定できない場合などがありえます。観察記録を作成または編集する際に表示されている、’標本の採集地か’とラベルされたチェックボックスのチェックを外すことで、その観察記録は発生マップに反映されません。

  12. 未定義の採集地を定義する – 多くの 観察記録 が未定義の 採集地 から報告されます。これらの観察記録は 採集地マップ には反映されません。もし ユーザー が少しの時間を割いてくだされば、これらの未定義の採集地を定義し直して手助けをすることができます。

    観察記録を閲覧する際、定義済みの採集地には’クリックでマップを表示’のリンクがラベルされており、未定義の採集地には’検索’のリンクがラベルされています。未定義の採集地のリンクをクリックすると、その採集地から報告された観察記録の一覧が表示されます。ページの上部には
    ’この採集地を定義’と’定義された採集地とマージ’の2つのリンクがあります。’この採集地を定義’をクリックすると、採集地を作成するためのフォームが表示されます。’定義済みの採集地とマージする’をクリックすると、既に定義されている類似の採集地の一覧が表示されます。その中のどれかをクリックしてマージしてください。

    また、左側のパネルから’"一覧表示:採集地":/location/list_locations’を選択することで全ての採集地の一覧を表示可能です。この一覧には定義済みの採集地(左の列、アルファベット順)と未定義の採集地(右の列、その採集地の観察記録数の順)が含まれています。同一の採集地が複数の名前で登録されていることもありえます(例:’Point Reyes National Seashore’と’Pt Reyes Park’)。未定義の採集地の隣にある’マージ’をクリックすることで、それを定義済の採集地とマージすることが可能です。

    新規の採集地を定義する際、まずするべきことはその名前を見直すことです。Mushroom Observerは採集地の定義に関していくつかの ルール を設けています。

    理論的には、異なるユーザーによって同一の採集地に複数の定義が与えられてしまうことがありえます。これが生じた場合には、片方を編集して名称をもう片方と正確に同一にすることでマージをリクエストすることができます。これはすぐに効果を及ぼすわけではありませんが、警告メッセージが表示され、サイトの管理者に詳細が書かれたメールが送信されます。データの大きな損失に繋がる可能性があるので、定義された採集地同士のマージは制限されています。

  13. 種名一覧の作成種名一覧 を作成するには、左側のパネルの’ 一覧を作成 ‘をクリックし、種々のフィールドに入力してください。「種名入力欄」フィールドでは、個々の種に対して 学名 を付与する必要があります。一覧を作成する際に、各行をチェックしてデータベースと照合します。一致する学名がない場合には、未知の学名をデータベースに追加してよいかどうかを尋ねられます。この時にもし綴りのミスがあったら修正し、また欠けている学名があるなら追加してください。「種名入力欄」フィールドまたはファイルから読み取られた個々の学名は、全く新しい"観察記録":#observation を作成するのに用いられます。’種一覧記録’は種名一覧全体が表示されている時のみに表示されます。’それぞれの新しいメンバーのノート’は個々の新しい観察記録にテキストを追加したい時に使用してください。

    存在する複数の観察記録から新しい一覧を作成するにはいくつかの方法があります。最も簡単な方法は、まず空の種名一覧を作成し、追加したい観察記録のそれぞれのページで’種一覧の管理’を選択するという方法です。この方法では、あなたが持っているどの種名一覧にでもその観察記録を追加することができます(あなた自身の種名一覧に誰の観察記録でも追加することができます)。

    他の方法としては、観察記録または学名の索引において’一覧を作成’を選択するという方法があります。例えば、ページ上部の検索バーまたは 高度な検索 機能を用いてミシガン州の全ての観察記録を検索し、検索結果の最初のページで左側のパネルの’一覧を作成’を選択することで、全ての検索結果を新しい種名一覧に追加することができます。

    最後に、存在する種名一覧を閲覧している際にページ上部の’種一覧の複製’または’後で保存’をクリックするという方法があります。’種一覧の複製’をクリックすると直接新しい種名一覧の作成ページに移動し、元の種名一覧の情報が全て既に入力された状態から作業を行うことができます。’後で保存’を用いるとその種名一覧の学名をクリップボードにコピーできます。次に’一覧を作成’をクリックすると、新しい種名一覧のフォームに選択した学名の一覧が表示されます(その間に他の観察記録または学名の索引を表示していない場合)。

コンセプトの用語一覧:

  1. コメント – コメントは 観察記録 および関連する 画像 について議論する上でのスタンダードな手段です。個々のコメントはそれを投稿した ユーザー の所有となります。コメントは所有者またはサイト管理者のみが編集あるいは消去することができます。ページ左側のパネルの あなたへのコメント をクリックすることであなたの観察記録に対する全てのコメントを参照することができます。

  2. 画像 – 1つまたは複数のきのこの種の写真あるいはイラストです。画像は1つまたは複数の 観察記録 と紐づきます。画像は特定の ユーザー が所有しており、そのユーザーは著作権保持者である場合も、そうでない場合もあります。
    所有者またはサイト管理者のみが画像を消去したり、関連する情報を編集したりすることができます。サイト上の全ての画像には クリエイティブ・コモンズ・ライセンス のいずれかが付与されるか、またはパブリックドメインとされます。画像に付与された著作権表示またはライセンスに関して争いがある場合には、 ウェブ管理者 にメールを送ってください。

  3. ライセンス – Mushroom Observer における 画像 は明白なライセンスの下で投稿されます。
    現在選択可能なのはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス( Creative Commons Attribution, Share Alike LicenseCreative Commons Attribution, Non-Commercial, Share Alike License )、および Public Domain のいずれかです。
    主な違いは、その画像を商用利用することを認めるかどうかです。非商用ライセンスを選択すると、その画像を Wikipedia で使用することができなくなります。ライセンスは個々の画像に対して設定されます。新規 ユーザー のデフォルトの設定ではWikipediaに対応可能なライセンスが選択されていますが、 設定 ページの’変更を保存’をクリックすることで非商用ライセンスをデフォルトに変更することも可能です。パブリックドメインは既にパブリックドメインに設定されている画像や、著作物の所有権を主張できない政府機関の画像などに対して主に設定されます。

  4. 採集地 – 東西南北、それぞれの境界によって定義され、特定の地点を囲む長方形の領域として表されます。位置情報のほか、標高の最大値および最小値や、様々な記述を伴うことがあります。標高の単位はフィートではなくメートルを用いています。採集地は特定の ユーザー が所有者ではなく、どのユーザーも全ての採集地を変更あるいは定義することが可能です。ただし、ユーザーによる全ての変更はコミュニティのレビューを受けることになります。レビューの過程を手助けするために、前のバージョンのコピーが保持されます。

  5. 学名 – きのこのあるグループに対する名称です。最も典型的には種の名称ですが、属、科、変種、etc…、どのような分類群でも構いません。また、日本語訳では便宜上「学名」としていますが(原文では"name")、正式に記載された学名ではなく一般名、あるいは「腹菌類」のような総称としての名称でも構いません(訳注:日本語表記や和名のローマ字表記は避けてください)。学名は特定の ユーザー の所有物とはみなされません。どのユーザーも全ての学名を変更することができます。ただし、全ての変更はコミュニティによるレビューを受けることになります。レビューの過程を手助けするために、以前のバージョンのコピーが保持されます。学名には著者名を伴うことがあります(一般名などには通常著者名は含まれません)。著者はその学名を初めに有効記載した人物で、その記述は通常の慣習に従います。種またはそれより下位の分類群では、その分類群を現在の属に移した人物の名前が加えられます(例:(Singer) Jenkins)。

  6. 観察記録 – 特定の日時、 採集地 における単一のきのこの種の記録です。典型的には1つまたは複数の 学名 およびいくらかの 画像 を伴います(下の 提案された学名 を参照してください)。個々の観察記録は単一の ユーザー が所有しており、そのユーザーまたはサイト管理者のみが編集または消去を行うことができます。どのユーザーも、いかなる観察記録に対してでも コメント を投稿することができます。観察記録は1つまたは複数の "種名一覧:#species_list に加えることができます。

  7. 提案された学名 – ある 観察記録 に対して提案された 学名 のこと。コミュニティのメンバーは、単一の観察記録に対していくつでも学名を提案することができます。特定のメンバーが提案した学名が特別扱いされることはありません。コミュニティの合意は 投票 の過程を経てなされます。観察記録に対する提案された学名の各々は単一の ユーザー によって所有されています。しかし、コミュニティのメンバーがその学名に同意または異議の 投票 を行った場合、その学名を提案したユーザーであっても、それを修正または消去することはできません。追加の学名を提案することに関しては制限はありません。誤った学名を提案したことに対してはいかなるペナルティもありません。

  8. 種名一覧観察記録 の一覧です( 学名 ではない)。日付、 採集地 、一覧のタイトルの情報を含みます。個々の種名一覧は特定の ユーザー が所有しています。所有者またはサイト管理者のみが種名一覧を変更または消去することができます。種名一覧の運用にあたって厳密なルールはありません。コミュニティにおいて、種名一覧をどのように使用するべきかについてよりはっきりとしたアイデアが得られた場合、将来的に変更が加わる可能性があります。

  9. ユーザー Mushroom Observerのアカウントを作成するには有効なメールアドレスが必要です。それは、自動化されたプログラムによってアカウントが量産されてしまうことを防ぐためです。メールアドレスを登録することにより、他のユーザーがあなたに連絡をとることができるようにもなりますが、相手からのリクエストがなければメールアドレスが開示されることはなく、かつそのユーザーに対してのみしか開示されることはありません。あなたのメールアドレスを私たちのデータベースに登録することに懸念がおありでしたら、アカウントを有効化した後に ‘設定’ ページからあなたのアドレスを消去しても構いません。

  10. 投票ユーザー観察記録提案された名称 に対して投票を行うことができます。現在の名称に対する賛成または反対の意思を、その確信度とともに表現することができます。票はそのユーザーが所有することになり、所有者またはサイト管理者によってしか変更あるいは消去されることはありません。


英語版の翻訳者: Atsushi Nakajima, Joseph D. Cohen, jason